仮想通貨の豊富な種類について

昨年から、多くの投資家を皮切りに広く一般にも認識され出した仮想通貨。最近でも、流出事件により何かと話題を振り撒いている仮想通貨です。

仮想通貨の種類は、現在では1,500種類にものぼります。その数は、日々増加しており、新しい種類の仮想通貨が生まれています。

仮想通貨に国境は関係ありません。数ある仮想通貨の中でも、メジャーなものもマイナーなものもあり、格も特色も異なます。数ある仮想通貨の中で、メジャーな仮想通貨をご紹介致します。

仮想通貨の取引を行うには、仮想通貨取引所を介して行います。日本での仮想通貨取引所に上場している仮想通貨は全部で14種類となります。

1500種類以上も存在する仮想通貨の中には信用度が低いものもあります。詐欺コインや、脆弱性のあるコインも実際には存在します。そのため、国内の取引所に上場するには金融庁の許可が必要となります。

安全面から考えても国内に上場している通貨を取引するのがおすすめです。

・Bitcoin (ビットコイン)
・Ethereum (イーサリアム)
・Bitcoin Cash (ビットコインキャッシュ)
・Ripple (リップル)
・NEM(ネム)
・Litecoin(ライトコイン)
・DASH(ダッシュ)
・Monero(モネロ)
・Ether Classic(イーサリアムクラシック)
・Lisk(リスク)
・Zcash(ジーキャッシュ)
・MONAcoin(モナコイン)
・Factom(ファクトム)
・COMSA(コムサ)

仮想通貨の中でも最もメジャーな存在として、広く認知されているのが「ビットコイン」です。ビットコインは世界で一番初めに作られた仮想通貨なのです。

そもそも、ビットコインは、円やドルと同じように世界中で使える通貨になることを、目的として作られたのが始まりです。

最大の特徴としては、特定の管理者が存在しないということです。これは、ブロックチェーンと言われる技術となります。

ビットコインに代表される仮想通貨は、今後も発展していくでしょう。