カラコン選びのポイントは「色の濃さ」って知ってた?

手軽に印象を変えられるアイテムとして便利なカラコンですが、選び方のコツを知ると使い方はさらに広がります。ちょっとしたポイントを押さえるだけでカラコンをうまく使えるようになるので、コツを知ってカラコンを上手に使いこなしましょう。

処方箋不要でオシャレなカラコン!コンタクト通販.com

カラコン色選びのポイント

カラコン選びのポイントの一つが色の濃さです。カラーコンタクト青赤黄色など個性的な色の違いに目が行きますが、同じ色でも濃い色か薄い色かによって印象は大きく変わります。色の濃さによってカラコンを使い分けられるようになれば上級者の仲間入りです。

基本的な考え方としては落ち着きを演出したい時は濃い色、軽やかさを演出したい時は薄い色のカラコンを選びましょう。ブルーのカラコンならコバルト系の濃いめの色は瞳に落ち着きや知性を感じさせてくれます。ライトブルーやスカイブルーなど薄めの色合いは涼しげで軽やかな印象を与えます。
最近は自然な色合いに近い黒のカラコンが人気ですが、濃淡によって印象は大きく変わります。濃いめの色ほど印象は強くなるので、基本となる瞳の色に近い色合いの中で濃い色と薄い色を上手に使い分けましょう。

瞳サイズも色合いに大きく影響します。カラコンにはカラー直径がありどの程度の幅で着色しているかが示されています。直径の大きいカラコンほど瞳が大きく印象が強くなりますが、濃い色で大きいサイズを選ぶと印象が強くなりすぎてしまう恐れがあります。基本的な考え方としては濃い色ほど直径は小さめ、薄い色ほど大きめを選ぶと不自然さを感じさせずに個性的な目元に仕上がります。

 

色選びの方法

意外と見落としがちなのが髪の色との相性です。普段あまり意識しませんが、瞳の色と髪の色の相性は印象に大きな影響を与えます。髪の色とマッチしないカラコンをつけてしまうと不自然さが目立ってしまいますが、相性のいいカラコンなら強めの印象でもナチュラルにまとまります。

金髪とブルーの瞳が動画にも知られていますが、同じ金髪でも茶系と白形では印象が大きく変わります。髪も瞳も濃いめならクッキリとした印象が生まれ、薄い色同士の組み合わせだと透明感を演出できます。カラコンを装着してみてイマイチしっくりこない場合は髪色との相性が原因かもしれません。目元や顔だけでなく全体の印象を確認しながらカラコンを選ぶとミスマッチを防ぎます。

白目の割合も大切なポイントです。正面から見たときに白目の割合が少ないと眼差しの印象が強くなりますが、着色部分の面積が大きすぎると印象がきつくなってしまいます。もともと白目の割合の少ない方は着色面積の大きすぎないカラコンがお似合いです。