クレジットカード現金化優良業者を3つに絞ってご紹介!

あんしんクレジット

その名の通り、利用者の「あんしん」を第一に考えて運営している優良業者です。

特筆すべきはスタッフの対応面。電話での問い合わせへの応対がどのスタッフも丁寧で、少額利用であったとして一切嫌な態度をとられることはありません。

疑問に思う細かいことまで訪ねても、しっかり丁寧にわかりやすく回答してもらえるためまさに初心者にオススメできる現金化業者です。

現金化クレジット業者では運営年数もかなり長い方であり、多くの方にご利用されてきたという事実ことからその信頼性を確認できるでしょう。

あんしんクレジットはコチラ

おひさまクレジット

おひさまクレジットを利用する一番のメリットは、なんといってもその換金率にあります。最大97%、通常時でも80%をゆうに超える驚きの換金率を誇っています。

業者側としても自信を持っているようで、他社に比べて換金率が低いと証明できれば同程度かそれ以下まで交渉可能、という強気なサービスも展開しています。

ある程度現金化サービスを利用してきたという手慣れた方は、効率よく現金化するためにとこのおひさまクレジットを利用する例が多いようです。

その事実を指し示すようにおひさまクレジットは90%近いリピート率で利用されています。

おひさまクレジットはコチラ

ファストキャッシュ

現金化サービスを手軽に少額利用したいという方にオススメであるのがこのファストキャッシュです。

ファストキャッシュは業界随一の少額利用者数を誇っており、そのシステムを少額利用に特化しています。まず、少額でも90%を超える換金率を採用しており、数万円台でも全く問題なく利用可能です。

さらに、システムが最適化されているため、非常に素早く即日での換金、振込が可能だという点も魅力的です。振込までの最短時間は3分を記録しており、間に合わせがなくとにかく今すぐにもお金を用意しなければならないという時に非常に役立ちます。

Webサイトも非常にわかりやすく、スピーディに利用可能なため手軽に利用するには最も最適なサービスであるといえます。

ファストキャッシュはコチラ

仮想通貨の取引をする時の3つの注意点

仮想通貨取引の注意点
仮想通貨の取引をする時に、安い価格の時に購入して高い価格の時に売却すると利益を得る事が出来ます。仮想通貨の値動きは株やFXなどに比べて乱高下が激しいので上手くいけば多額の利益を得る事が出来ます。

最近では億単位の利益を得ていて億り人と呼ばれる人も増えてきています。しかし仮想通貨の取引をする時は注意したい点もあるので、しっかり確認しておきましょう。

多額の損失が出てしまう事もある

仮想通貨の値動きが乱高下が激しいので多額の利益を得られる可能性もありますが、それと同時に多額の損失が出てしまうリスクもあります。

睡眠中に大幅に下落してしまい朝起きた時に多額の損失が出ていたというケースも少なくありません。

仮想通貨の売買をする時は多額の損失が出てしまうリスクがあるという事をしっかり頭に入れておく必要があります。

売買手数料が発生する

仮想通貨を取引する時は、1回ごとに売買手数料が発生してしまいます。取引する回数が多い人ほど売買手数料がかかってしまい出費が多くなってしまいます。

また取引所によって売買手数料が高くなっている事もあります。仮想通貨の取引をする時は売買手数料が発生する事をしっかり頭に入れておく必要があります。

なるべく売買手数料が安い取引所で口座開設をして仮想通貨の取引をするようにしましょう。

利益を得たら税金が発生する

仮想通貨で得た利益は雑所得として分類されるので税金が発生してしまいます。仮想通貨を売却して日本円に換えた時に利益が発生していれば確定申告をして納税しなければいけません。

確定申告をしないと脱税になってしまうので、仮想通貨の取引をする時は利益を得たら税金が発生する事をしっかり頭に入れておく必要があります。

仮想通貨はすごく話題になっているので取引所で口座開設をして取引を始める人も多いでしょう。しかしこのように注意したい点もあるのでしっかり確認して安全に取引をするようにしましょう。

また多額の利益を得た時は税金の事を考えて支払う分は必ず残しておきましょう。

仮想通貨の豊富な種類について

昨年から、多くの投資家を皮切りに広く一般にも認識され出した仮想通貨。最近でも、流出事件により何かと話題を振り撒いている仮想通貨です。

仮想通貨の種類は、現在では1,500種類にものぼります。その数は、日々増加しており、新しい種類の仮想通貨が生まれています。

仮想通貨に国境は関係ありません。数ある仮想通貨の中でも、メジャーなものもマイナーなものもあり、格も特色も異なます。数ある仮想通貨の中で、メジャーな仮想通貨をご紹介致します。

仮想通貨の取引を行うには、仮想通貨取引所を介して行います。日本での仮想通貨取引所に上場している仮想通貨は全部で14種類となります。

1500種類以上も存在する仮想通貨の中には信用度が低いものもあります。詐欺コインや、脆弱性のあるコインも実際には存在します。そのため、国内の取引所に上場するには金融庁の許可が必要となります。

安全面から考えても国内に上場している通貨を取引するのがおすすめです。

・Bitcoin (ビットコイン)
・Ethereum (イーサリアム)
・Bitcoin Cash (ビットコインキャッシュ)
・Ripple (リップル)
・NEM(ネム)
・Litecoin(ライトコイン)
・DASH(ダッシュ)
・Monero(モネロ)
・Ether Classic(イーサリアムクラシック)
・Lisk(リスク)
・Zcash(ジーキャッシュ)
・MONAcoin(モナコイン)
・Factom(ファクトム)
・COMSA(コムサ)

仮想通貨の中でも最もメジャーな存在として、広く認知されているのが「ビットコイン」です。ビットコインは世界で一番初めに作られた仮想通貨なのです。

そもそも、ビットコインは、円やドルと同じように世界中で使える通貨になることを、目的として作られたのが始まりです。

最大の特徴としては、特定の管理者が存在しないということです。これは、ブロックチェーンと言われる技術となります。

ビットコインに代表される仮想通貨は、今後も発展していくでしょう。