リップル(XRP)は私が最も注目する仮想通貨のひとつです。年末年始に一気に高騰しましたが、これはいったいどのような仮想通貨なのでしょうか。

「リップルにはどんな特徴があるの?」
「リップルを買うメリットは?」

気になって仕方がないみなさまに、当記事ではリップルの特徴や現在の価格、今後の展望などについてお話しいたします。

ガチホ勢に大人気!?リップルの特徴や価格とは

仮想通貨 リップル
リップルは OpenCoinが作った仮想通貨で、一言でいえば、送金を最重要視した仮想通貨です。

他の仮想通貨、たとえばビットコインなどは、送金に非常に時間がかかります。何時間も待たされることもあるんですね。

それに対してリップルの送金速度はわずか4秒。送金システムがそもそもビットコインとは異なるため、送金速度がこんなにも違うのです。

初心者にはそもそも仮想通貨のシステムってなんだよって感じですが、現金と電子マネーを思い浮かべていただければ、理解しやすいのではないかと思います。

現金を直接授受するには、財布からお金を出して、数えて、渡して……と幾つかの段階を踏まなければなりませんが、電子マネーならカードをかざすだけですよね。

同じお金でもそれぞれメリット、デメリットがあって、受け渡しの方法からして違うということです。

リップルは送金速度に優れた仮想通貨ですので、リップルを使用することを発表している銀行も増加しつつあります。将来有望な仮想通貨だと言ってよいのではないでしょうか。

一時期20円台だったのが……

リップルの価格は2017年の12月初旬までは、20円台をうろちょろしていました。

1個辺りの値段が安く、しかも将来有望とだけあって、長期保有勢には人気のある仮想通貨でしたが、中々値段が上がらないものですから、取引所のチャットなどでは結構「ネタ」にされることも多かったのです。

しかし12月の中旬辺りから一気に高騰し、2018年の1月4日には400円台にまで到達しました。

1個20円が400円。このときに利益を確定させた人も多いのではないでしょうか。なんせ20倍ですからね。安いうちに10万円分リップルを購入した人は、190万円儲けたことになります。

一説によれば、リップルは最終的には1XRP 2万円くらいにはなるそうな……。20円台の時に10万、20万と買いためておいた人は性来億万長者になれそうですね。

もっとも、これは予測にしかすぎませんし、また20円台に落ち込んでその後上がらない、という可能性もなくはないですが。

リップルの今の価格は?

リップルの現在の価格は、1XRP 130円くらいです。価格は今は安定していますが、今後どうなるかはわかりません。20円台に暴落してまたネタにされないことを祈るばかりです。

しかし他の仮想通貨に比べれば、まだまだ値段は安いほうですし、1,000円2,000円になってから買うよりは、今のうちに買っておいたほうがよいでしょう。

5年、10年と見据えて長期保有をすれば、少しくらいは利益が出るんじゃないかと私は睨んでいます。

何万円分かXRPにぶち込んでガッチガチにホールド(何があっても手放さない)しておくのがいいんじゃないですかね。

まとめ

以上、ガチホ勢に人気のリップルについてご紹介いたしました。今安い、そして将来有望。これこそがリップルの魅力です。

先ほども言いましたが、貴方も何万円か買って、ガチホ勢になってみてはいかがでしょうか。

リップルが買える人気の取引所【仮想通貨取引所ランキング